姿勢の正しいアドバイスを求めている方、または必要な方が大勢います。 そういった方たちのお役に立つ知識と能力を身につけませんか。 この講座では誰でも分かる優しい言葉で理解できるプログラムを組んでいます。 分かりやすい言葉で指導できるようになっていただきたいからです。 姿勢教育指導士になって、大勢の方のお役に立ちませんか。

お問い合わせ・資料請求

一般社団法人 日本姿勢教育協会 事務局
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-6-5 第一フクハラビル3階
ネイチャーアンドドリーム株式会社内 事務局 田島
電話:03-3221-7738 FAX:03-3556-2171

TOP > 整骨院経営

受講生の声

整骨院経営

渋川光一(しぶかわみつかず)さん

私は、3年前に姿勢教育指導士の資格を取りました。それからというもの、姿勢の指導が正しくできるようになったことで、患者さんからの信頼を得て、自由診療を成功させる近道であると確信するようになりました。

背景としては、柔整業界において、だんだんと保険による施術が難しくなってきた現実があります。実際に自由診療への移行を考えている先生方は多いのではないでしょうか。

実際、私の治療院もその問題に直面していたのですが、姿勢教育塾で教わった内容を使うことで自由診療への移行を着実に進めることに成功しています。

さらに、真剣に体のことを考えている患者さんは、もはや「安いから」という理由で治療院を選びません。健康の意識が高い方は「痛くなったら治す」から「痛くならない体作り」を真剣に求めています。
お金をかけても大切な自分の体を健康に保ちたいのです。

そのような方たちから信用を勝ち取る上で「姿勢」の指導が強力な武器となるのです。

そもそも、体に負担をかける悪い姿勢のまま肩こりや腰痛の予防なんてできるわけがありません。
それにもかかわらず、ほとんどの患者さんは次の決定的な3つの事を知りません。
(1)どうして健康になるために姿勢を良くするべきなのか。
(2)自分の姿勢の問題点はどこなのか。
(3)具体的にどうしたら、姿勢を良くすることができるのか。
という3つです。

姿勢教育塾では、上記の3つの事を明確に答えられる知識と実技を学ぶことができます。
それは、患者さんからの信頼を得る上で非常に役立つのです。

今後、自由診療を真剣に考えている先生なら絶対に受講して損はありません。

九原慎介(くはらしんすけ)さん

私は整骨院6院、リハビリデイサービス4店を運営する多摩整骨院グループ代表の九原慎介(くはらしんすけ)と申します。私は5年前に姿勢教育指導士の資格を取得しました。

これからも予想される整骨院・治療院の増加を考えると、痛みが取れてから「また来院していただくには何が必要か」について考え、行動を起こす必要があります。

私達のグループでも、正しい姿勢を指導できる能力と資格を活かし、『痛みを取る治療』だけではなく『痛みを起こさない身体造り』を加えたことによって、院の経営・差別化に大変役に立っております。

子供から老人まで姿勢をどうにかしたいと考えている人は意外に多く、地域のコミュニティー・イベントでの講演もさせてもらうなど、絶大な信用を得ることができています。

これから進む保険治療から自費診療への変化の時代に予防医療の大切さ・姿勢指導の必要性を感じて新たな分野を切り開く時ではないでしょうか?

【社団法人資格、姿勢教育指導士】これからの院の経営、地域での差別化、信頼を勝ち取る為学ばれることをお勧めいたします。

ページの先頭へ戻る
サイトマップ